会社設立・会計処理・各種ビザ・ライセンス・
ワークパーミット・法律相談など、お気軽にご相談ください

タイの法律事務所と連携し迅速に対応致します。

  • 02-287-2028 (TH)
  • 098-331-9074 (TH)
  • 093-254-0101 (JP)
  • 096-812-8216 (JP-EN)
  • お問い合わせ
各種ビザ・ライセンス・ワークパーミット申請

ビザ (VISA)

日本人はタイ王国に入国する際にはビザ(査証・入国滞在許可証)を取得していない場合でも30日間滞在が可能です。一般的に観光旅行者の場合です。タイ王国入国後の滞在延長はイミグレーションにおいての手続きで最長30日間。延長可能です。ただし、60日間を超えて滞在をお考えの方は何かしらのビザが必要になります。ビザ申請・更新などの手続きについては、お気軽に相談ください。

ビザの種類

ツーリストビザ (TOURIST VISA)

長期旅行者様は申請が必要です。観光ビザはタイ国外での取得が基本です。シングルエントリーで60日間滞在可能。タイのイミグレーションにて滞在延長手続きの申請をおこない30日間延長し、90日間の滞在が可能になる訳です+マルチプルエントリーの場合は再入国して、60日間滞在可能です。滞在延長手続きで更に30日間、合計最大180日。間の滞在が可能になります。

ノンイミグラントビザ (NON-IMMIGRANT VISA)

当然ですが、入国目的によって申請するビザは異なります。

  • 学生ビザ (ED VISA)
  • ビジネスビザ (B VISA)
  • Oビザ (就労者家族ビザ・タイ人家族ビザ・就学児童の保護者ビザ・ロングステイビザ)

これらは90日間滞在可能+タイ国内のイミグレーションでの手続きで1年間滞在が可能になります。

ビジネスビザと、労働許可証 (BUSINESS VISA, WORK PERMIT)

BUSINESS VISA & WORK PERMIT

タイで就労する為には、ビジネスビザを取得し更に、労働許可証(ワークパーミット)を労働省に申請いたします。また、タイ人家族ビザ(配偶者ビザ)を取得している方も労働許可証の申請が可能です。 労働許可証の申請は外国人従業家族ビザ(配偶者ビザ)を取得している方も労働許可証の申請が可能です。 労働許可証の申請は外国人従業員の雇用が必要性と判断された場合に発給されます。(役職・学歴・経歴・職務内容など)それに外国人の労働は職種に。より禁止されている職種がありますので、事前にご相談ください。労働許可証(ワークパーミット)無しでの就労の場合、全ての違反者は違反内容ごとに法律により罰せられます。本人は3ヶ月以内の禁固若しくは、5,000バーツ以下の罰金です。雇用者は3年以下の禁固若しくは、60,000バーツ 以下の罰金です。

認可の基本的な方針は以下の通りです

  • 政治、宗教、経済、社会の安定性
  • 能力、競争力のあるタイ労働者の就業の機会、及びタイ労働市場の保護
  • 外貨獲得、雇用の発生、新技術の導入及び移転等、タイ経済の発展に寄与すること
  • タイの技術、能力開発に寄与すること
  • 人道的な事柄・労働許可の可否は上記に掲げる方針で「会社」と「個人」の両面から総合的に判断されます。

取得後、役職が変更または、転職などをした場合は、その都度手続きが必要になります。

就労者家族ビザ(FAMILY VISA OF WORKER)

上記にも記載いたしましたが、タイで就労している外国人の配偶者のビザです。

タイ人家族ビザ(結婚ビザともいいます。MARRIAGE VISA)

タイ人の方と結婚をされた方のビザです。外国人男性の場合は400,000バーツ必要です。

就学児童の保護者ビザ(GUARDIAN VISA)

保護者が子供を養育するためのビザです。(タイに留学している外国人の子供もしくは、タイ国籍の子供。)

ロングステイビザ (リタイアメントビザ, 年金ビザ, RETIREMENT VISA, PENSIONER VISA)

満50歳以上で就業しない方で、タイの銀行に3ヶ月間預金が800,000バーツ以上ある方、もしくは60歳以上で年金額65,000バーツ以上の方が対象です。(不足分を両方で補う事も可能です。)

永住ビザ(IMMIGRANT VISA)

3年以上ワークパーミットを取得している方、もしくは(配偶者がタイ人・永住ビザ保持者)で、配偶者である期間が。5年以上(配偶者との間に子供がいる場合は2年以上)その他にも条件がありますので、一度ご相談ください

リエントリーパーミット (REENTRY PERMIT)

ビザを取得した後、滞在期間が残っていても、1度出国すればそのビザは無効になります出入国を繰り返す場合、リエントリーパーミット(再入国許可)を取得し、取得済みの滞在許可を保留します。 リエントリーパーミットは2種類あり、有効期間中に出入国が1回だけできる(シングル)と、何回でもできる(マルチプル)です。このリエントリーパーミットはイミグレーションでの手続きの他、出国前にスワンナプーム空港及びドンムアン空港でも手続きが可能です。

90日レポート(90 Days Report)

タイに90日以上継続して滞在する外国人は90日ごとにイミグレーションに居住地の報告をする義務があります。当社で申請書作成から届出を代行いたします。(各90日目の前7日) 違反した場合、初回2,000バーツ、2回目5,000。バーツの罰金が科せられます、現在はオンラインで90日レポート申請可能です。※Internet Explorerのみ可。セキュリティ警告の画面が出ますがそのままお進みください

http://bangkok.immigration.go.th/base.php?page=90days

オーバーステイ (OVER STAY)

タイ王国のオーバーステイは、2016年3月20日より当局の処罰が厳しくなりました。90日未満は、イミグレーションで。1日500バーツの罰金です。90日以降は自己申告と違反者が逮捕された場合で異なります。自己申告90日以上1年間入国禁止・1年以上3年間入国禁止・3年以上5年間入国禁止・5年以上10年間入国禁止です
警察に逮捕された場合は 1年未満で5年間・1年以上なら10年間入国禁止になります。不法滞在で捕まった場合は ブラックリストに登録されます。その後はタイへの入国やビザ取得が非常に難しくなります。長期オーバーステイは犯罪になりますので、ご注意ください。長期オーバーステイをして現在タイに滞在中の方は、即ご相談ください

【タイ】ビザなしでの長期滞在取り締まり強化 陸路入国を1年間で2回に限定

2016年12月15日、タイ入国管理局はタイ国境を接する国からのビザ(査証)免除措置を利用しての入国を、1年間2回までとする旨を告示いたしました。タイを訪れる入国目的が観光である場合に限り、日本やアメリカなど一部の国籍者は、原則としてビザ無しで30日間の滞在が認められています。このビザ免除措置を利用し、陸路でタイと国境を接する国への出入国を繰り返しながらタイに実質上長期滞在していることが問題となり、タイ国政府はこのビザランが不法就労者に悪用されているとして、2014年から取り締まりを強化していましたがビザランが減らない為にさらなる取り締まりの強化をおこなうものとしました。在タイ日本国大使館も30日以内の短期観光以外でタイへ入国する場合は、入国前に目的にあったビザを取得するよう告知しています。以前、タクシン政権下でビザランが厳しくなった時期のように、ビザ無し陸路入国の場合はタイ滞在期間が15日に制限されることはなく、従来どおりビザ無し空路入国同様30日間の滞在期間のスタンプが押されています

※ビザランとは、日本人は30日間といった、ビザ無しでタイに滞在できる「ビザ免除制度」を利用し、滞在期限が近づくと陸路で出入国を行うことでタイ国内の滞在期間を延長する行為のことです。在タイ日本国大使館は2016年12月15日から、ホームページ上で「タイ入国に際してのご注意」として、タイ入国管入国管理局が、タイと国境を接する隣国からの外国人のタイへの陸路入国回数を暦年で2回までとする措置を2016年12月31日から施行する件について、注意を促しています
以前、タクシン政権下でも、空路で入国した場合はビザ無しで30日滞在できるところ、陸路で入国した場合、15日間に制限されるなど、ビザラン対策が取られたことがありました。その際は、タイ国内にあまりお金を落とさない、ノービザで長期滞在する外国人を規制するために講じられたようでタイ政府は、50歳以上のリタイアメントビザの預金額を従来の800,000バーツ以上から3,000,000バーツ以上に引き上げるなど、経済的に余裕のある外国人でないと、タイでのロングステイ(長期滞在)が厳しくなりつつなる傾向にあります。

イミグレーション・IMMIGRATION (入国管理局)

Soi 7 Chang Wattana. Government Complex Center B棟2階 受付時間 8:30~12:00・13:00から16:30 (休日:土、日、祝日)

Thung Song Hong
ラックシー バンコク 10210 タイ
13.886986, 100.564453

感謝・誠実・笑顔のFUTURE PROSPECT CO.,LTD.に、お気軽にご相談ください。
スタッフ一同誠心誠意お客様のお力になるために努めます。

pageTop